葉酸サプリは葉酸以外の成分も重要なの?

MENU

葉酸以外に効果の高い栄養素が入っている?

妊活中、または妊娠中の女性にとって摂取すべき栄養素は葉酸だけではありません。胎児の成長や妊娠中の健康を守るためには必要な栄養は他にもあります。どの栄養素も食事から摂取できるものですが、葉酸サプリの中に入っていれば効率よく摂取することができますよね。

 

葉酸サプリにはいろいろな種類があって葉酸以外の成分を気にせずに作られたものも存在しますが、葉酸だけでは母親と胎児の健康をまもることができません。葉酸サプリを選ぶときは葉酸だけでなくどの栄養素が入っているかも注目してください。

葉酸の効果をより高める成分とは?

葉酸を摂取しても葉酸が体の中に吸収されて栄養とならなければお母さんと胎児の健康を守ることができません。葉酸の効果をより得るためにはビタミンB12の助けが必要です。

 

ビタミンB12は赤血球を作る働きがあり、赤血球が作られれば葉酸の栄養が届いて胎児が健康に育つことができます。ビタミンB12はさかなや海藻類に多く含まれていますが、つわり中などは特に栄養不足になりがちですから、葉酸サプリの中にビタミンB12が含まれていることが望ましいです。

母親と胎児の健康を守る成分とは?

鉄分

血液が作られなければ母親と胎児に酸素が届けられず、健康を守ることができません。胎児だけでなく母親の健康を守るためには鉄分を積極的に摂取する必要があります。もともと貧血気味だという方は特に鉄分が普段から不足していますから、葉酸サプリには鉄分が含まれているものを選んでください。

ビタミンB6

つわりの時期は食べることができないことや妊娠に対する不安で体調を崩してしまう方が多いですが、つわりを和らげることが出来る栄養素がビタミンB6です。ビタミンB6は鉄分と一緒に摂取することでより効果を発揮すると言われていますから、ビタミンB6が鉄分と一緒に含まれている葉酸サプリが効果的です。

 

母親と胎児に栄養を送ることが出来る成分とは?

カルシウムは歯や骨を作る力があることから成長期の子どもには特に積極的に摂取して欲しいと言われていますが、胎児の骨の成長を促すためにも必要な成分です。妊娠中は胎児の骨の成長を促すために母親が摂取したカルシウムは使われてしまいますから、母親自身のカルシウムは不足してしまいます。

 

妊娠中にカルシウム不足から骨粗鬆症になってしまう妊婦も多いですから、カルシウムは胎児のためだけでなく自分を守るためにも、食事や葉酸サプリから摂取することが必要です。

関連ページ

天然葉酸と合成葉酸の違いとは?
葉酸ならばどれも同じだと思っていませんか?実は葉酸の中には天然葉酸と合成葉酸の2種類があるのです。名前だけ聞いてしまうと天然葉酸を選ぶべきなの?と思いますが、厚生労働省に推奨されているものは合成葉酸です。天然葉酸と合成葉酸の違いと、合成葉酸の中でもどの点にチェックして選ぶべきかについてまとめました。
リーズナブルな価格かどうかをチェック
どれだけ効果が高い葉酸サプリだったとしても値段が高いものなら続けられません。葉酸サプリは妊活中から飲み始めるものですから長期にわたって飲み続けることになります。値段が安いだけで葉酸サプリを選ぶことはできませんが、リーズナブルで続けやすいものの中から葉酸サプリを選ぶことが必要です。
妊娠中でも飲みやすい形のものを選ぼう!
サプリメントは粒が大きなものが多く、飲みにくいと答える方もいらっしゃいます。妊娠しているときでも、特につわりの間は少しのことでもかなり不快に感じてしまいます。そのため、葉酸サプリを出来る限りつらい思いをすることなく飲み続けるためには、葉酸サプリの形に注意することが必要です。
原材料のチェックなど安全性も重視しよう!
葉酸サプリを選ぶときに値段ばかりを見て原材料のチェックなどを忘れてはいませんか?葉酸サプリは長く飲み続けることになりますので値段は気になるところですが、安全性のチェックを忘れてはいけません。平気だろうと適当に判断して葉酸サプリを選ぶのではなく安全性のチェックは必要です。