天然葉酸と合成葉酸にはどんな違いがあるの?

MENU

天然葉酸と合成葉酸の違いとは?

葉酸ならばどれも同じだと思っていませんか?実は葉酸の中には天然葉酸と合成葉酸の2種類があるのです。

 

名前だけ聞いてしまうと天然葉酸を選ぶべきなの?と思いますが、厚生労働省に推奨されているものは合成葉酸です。天然葉酸と合成葉酸の違いと、合成葉酸の中でもどの点にチェックして選ぶべきかについてまとめました。

天然葉酸は合成葉酸とどこが違うの?

天然葉酸と合成葉酸の違いとは?

天然葉酸の特徴は?

天然葉酸の正式名称はポリグルタミン酸型葉酸です。果物や野菜など天然の成分から作られた天然葉酸は体には安心なのですが、吸収率はあまり良くありません。

 

天然葉酸を摂取しますと吸収率は食べ物から葉酸を摂取した場合と同じく、50%しかないことがわかっています。しかも天然葉酸は品質が不安定なため、効果のあるなしにかなりの違いが出ます。

合成葉酸の特徴は?

合成葉酸の正式名称はモノグルタミン酸型葉酸です。合成葉酸を作るためにはいろいろな成分が使われているため、合成葉酸には添加物が含まれています。

 

添加物という点では心配がありますが、合成葉酸は体内への吸収率が85%と非常に高い数字を示していますから、苦労せずに体が必要としている葉酸を摂取することができます。

天然葉酸と合成葉酸は区別がつく?

天然葉酸と合成葉酸は区別をつけることが難しいのでは?と不安に思う方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし天然か合成かはパッケージの内容物などを見ればしっかり明記されています。内容物を見た時に葉酸とだけ書いてある葉酸サプリもありますが、そういった葉酸サプリの中には体に良くない添加物などが含まれている危険もありますから、天然か合成かについて明記されているものを選ぶようにしてください。

合成葉酸だから良くないというわけではない

天然と葉酸と名前だけで判断しますと天然のほうが良いのでは?と思ってしまいますよね。しかし合成葉酸だからといって体に良くないというわけではありません。

 

同じ合成葉酸であっても、体に問題がありそうな着色料や香料などの添加物などが含まれておらず安心して飲むことが出来るものも多いですし、天然の成分を原材料にして作られた合成葉酸もあります。

 

合成葉酸は体内への吸収率が高いというメリットがあります。葉酸は体に吸収されて初めて効果を発揮しますから、天然だから合成だからというだけで判断をするのではなく、どのように加工して作られた葉酸なのか、心配な添加物などが入っていないかなどをチェックして選ぶようにしましょう。

関連ページ

葉酸以外に効果の高い栄養素が入っている?
妊活中、または妊娠中の女性にとって摂取すべき栄養素は葉酸だけではありません。どの栄養素も食事から摂取できるものですが、葉酸サプリの中に入っていれば効率よく摂取することができますよね。葉酸サプリを選ぶときは葉酸だけでなくどの栄養素が入っているかも注目してください。
リーズナブルな価格かどうかをチェック
どれだけ効果が高い葉酸サプリだったとしても値段が高いものなら続けられません。葉酸サプリは妊活中から飲み始めるものですから長期にわたって飲み続けることになります。値段が安いだけで葉酸サプリを選ぶことはできませんが、リーズナブルで続けやすいものの中から葉酸サプリを選ぶことが必要です。
妊娠中でも飲みやすい形のものを選ぼう!
サプリメントは粒が大きなものが多く、飲みにくいと答える方もいらっしゃいます。妊娠しているときでも、特につわりの間は少しのことでもかなり不快に感じてしまいます。そのため、葉酸サプリを出来る限りつらい思いをすることなく飲み続けるためには、葉酸サプリの形に注意することが必要です。
原材料のチェックなど安全性も重視しよう!
葉酸サプリを選ぶときに値段ばかりを見て原材料のチェックなどを忘れてはいませんか?葉酸サプリは長く飲み続けることになりますので値段は気になるところですが、安全性のチェックを忘れてはいけません。平気だろうと適当に判断して葉酸サプリを選ぶのではなく安全性のチェックは必要です。