葉酸サプリはお腹の赤ちゃんのためにも必要なの?

MENU

胎児の健康を守るため

胎児の健康を守るためには、母親である妊婦がしっかり栄養を取り続ける必要があります。妊婦の栄養が不足してしまえば、妊婦から栄養をもらって大きくなっている赤ちゃんに大きな影響が出ます。栄養素の中でも胎児の成長に欠かすことのできないものは葉酸ですので、確実に摂取するためには葉酸サプリの助けが必要です。

 

葉酸サプリがなかった頃は大丈夫だったの?

現在は厚生労働省も葉酸サプリが必要だと推奨しており多くの方が葉酸サプリを飲んでいますが、以前は葉酸サプリは存在しませんでした。葉酸サプリを飲んでいなくても元気な赤ちゃんを産んでいた昔の女性たちにとって、葉酸サプリの存在は必要なかったのでしょうか。

 

昔の女性たちには必要なかったのに葉酸サプリが必要になった理由は、現代人の食生活にあります。以前は野菜中心の食事をしていた日本人はある程度の量の葉酸は食事で摂取することができていました。しかし、最近の食事は欧米化が進んでいますのでどうしても必要な葉酸を摂取しきれなくなり、葉酸サプリの存在が必要となったのです。

胎児の成長に葉酸が必要な理由とは?

胎児の健康を守るため

赤血球を作ることができるから

胎児が成長するためには血液が流れて妊婦から赤ちゃんにしっかり栄養が届かなければいけないのですが、葉酸が足りなければ赤血球を作ることができず、妊婦は貧血気味になってしまいます。そのままでは栄養が運ばれないために、赤ちゃんの細胞分裂などが上手くいかず、成長することができません。

アミノ酸を作ることができるから

胎児が成長していくためには新しい細胞を作ったり増殖させることが必要です。病気にならないように身体に免疫となる抗体を作るためにはアミノ酸が必要なのですが、葉酸はアミノ酸を合成する力がありますので、胎児は順調に生育することができます。

葉酸は胎児の神経管閉鎖障害のリスクを減らす

無事に健康な赤ちゃんが生まれてほしいということはどの妊婦にとっても望みですが、赤ちゃんの中には神経管閉鎖障害を持って生まれてくる子供もいます。

 

神経管閉鎖障害は、二部脊椎症や無脳症などを意味します。二部脊椎症になりますと、脊髄や脊柱がしっかり作られていないために下半身の神経が麻痺して障害が起きます。

 

また、無脳症といって神経管が閉鎖されたために脳の大部分がなくなってしまった状態の場合は、結局生まれることができませんので流産や死産となってしまいます。脳が作られなければ人は生きていくことができませんので、神経管閉鎖障害を防ぐために葉酸サプリを摂取することは非常に大切です。

関連ページ

普段の食生活では妊娠中に必要な葉酸が足りないから
妊娠中はお腹の赤ちゃんに栄養を送らなければいけませんから、普段よりも栄養摂取には注意することが必要です。葉酸はお腹の赤ちゃんのためにも、妊婦の健康のためにも大切な栄養素なのですが、普段の生活では足りないため、葉酸サプリで補充することが必要だとされています。
妊婦として健康な生活を送りたいから
胎児の健康を守るために妊婦は葉酸サプリを積極的に飲んでいますが、葉酸サプリは胎児のためだけでなく妊婦自身の健康を守るためにも効果を発揮します。妊娠中は大事な身体であるにも関わらず体調を崩しやすいのですが、葉酸サプリを飲むことで健康を維持することができます。
サプリは妊娠前から飲むとさらに効果的
葉酸サプリは妊娠中や授乳後も必要だと言われていますが、妊娠したいと考えている妊活中の女性は、妊娠したという結果を待たずに早いうちから葉酸サプリを飲むことが良いとされています。健康な赤ちゃんを生むためには、葉酸サプリは妊娠してからで良いと思わずに妊娠前から飲むようにしましょう。