妊娠中の葉酸サプリ活用のポイントは?

MENU

妊娠中に必要な時期と量は?

お腹の赤ちゃんが健康に生育するために必要とされているものが葉酸です。葉酸は食事から摂取して得られる量なだけでなく、妊娠中は赤ちゃんのためにより多くの量が必要とされますので、葉酸サプリから摂取することが厚生労働省からも推奨されています。

 

妊娠中はつわりもあって食事を摂ることが難しいこともありますから、葉酸サプリを上手に利用して健康な赤ちゃんを産むよう努力しましょう。

 

妊娠中に必要な時期と量は?

妊娠中に必要な葉酸の量とは?

妊娠していない時に女性に摂取してもらいたい葉酸の量は240μgですが妊娠中は通情の2倍である480μgの葉酸を摂取することが推奨されています。

 

通情の量である240μgであれば普段の食生活の中で摂取することが出来るのですが、妊娠中は普段の食事も満足に取れないため、倍の量である480μgを食事から摂取するということはかなり難しいです。そのため、妊娠中は葉酸サプリメントから400μgの葉酸を摂取することが厚生労働省から推奨されています。

妊娠中で葉酸サプリを摂取することが特に必要な時期とは?

妊娠してから赤ちゃんを産むまで葉酸サプリの摂取は必要なのですが、特に必要な時期とされているのが妊娠3ヶ月目までです。妊娠3ヶ月目までの間に胎児の脳や脊髄の神経細胞の8割が作られます。

 

妊娠に気がつくころにはすでに妊娠1ヶ月を超えていることが多いですから、特に必要な時期は妊娠する1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月目までとなります。

妊娠中に葉酸の量が足りないと起こりうる危険とは?

胎児に神経管閉鎖障害が起こるリスクが高まる

葉酸が足りていなければ胎児の細胞分裂がスムーズに進みません。細胞分裂が正しく行われなくなるために胎児に二分脊椎症などの神経管閉鎖障害が起こる可能性が高まると言われています。

母体に立ちくらみや頭痛、めまいなどの症状が出る

葉酸は赤血球を作る大事な成分ですから葉酸が不足してしまうと人は貧血を起こしてしまいます。通常であれば血液が酸素や栄養を体に届けることで人の健康は守られるのですが、葉酸不足のために栄養は運ばれません。そのため、母体には立ちくらみや頭痛、めまいなどあらゆる症状があらわれます。

 

妊娠中は胎児の健康はもちろんのこと、母体も元気でいなければ元気な赤ちゃんは生まれてきません。赤血球が通常のように作られて酸素や栄養を体中に運ぶことができるようになるよう、女性は胎児と自分のために葉酸を積極的に摂取していきましょう。

関連ページ

妊活中の男女に必要な量は?
妊娠してから栄養について考えれば良いとのんびり構えていてはいけません。妊活中も健康的な生活を贈って栄養もバランスよく取っていなければ健康な赤ちゃんを授かることはできません。葉酸についても妊娠中だけでなく妊活中から積極的に摂取することが必要です。
授乳中にも葉酸は必要!
赤ちゃんを産んでからしばらくの間は必要とされるものが授乳です。授乳中はお母さんが食べたものを栄養にして赤ちゃんは成長していきますから、授乳が終わるまでは赤ちゃんのために葉酸サプリを摂取しておくべきです。