授乳中の葉酸サプリ活用のポイントは?

MENU

授乳中にも葉酸は必要!

赤ちゃんが生まれてしまったら、もう何を食べても何を飲んでも良いというわけではありません。赤ちゃんを産んでからしばらくの間は必要とされるものが授乳です。授乳中はお母さんが食べたものを栄養にして赤ちゃんは成長していきますから、授乳が終わるまでは赤ちゃんのために葉酸サプリを摂取しておくべきです。

 

授乳中にも葉酸は必要!

授乳中に必要な葉酸の量とは?

授乳中に必要とされている葉酸の量は340μgです。

 

妊娠中は480μgの摂取が推奨されていますから、そこから考えますと葉酸が必要とされている量は少なくなります。しかし妊娠に関係のない成人女性に必要とされている葉酸の量は240μgですが、それよりも多くの量を授乳中は摂取しなければいけません。

 

授乳中は赤ちゃん中心の毎日になってしまい、自分がしっかり栄養を摂取することが出来るかどうかは非常に難しいです。そのため、授乳中も妊娠中と同じく葉酸サプリで葉酸を補充することが効果的です。

授乳中に葉酸を摂取しておくとどんな効果が得られるの?

  • 良い母乳が作られる
  • 産後の体の回復が早い

母乳と聞くと血液とは関係がないイメージがありますが、母乳は血液から作られているのです。母乳は白いのに血液が入っているの?と疑問を持つ方もいらっしゃるでしょうが、母乳は血液中のタンパク質や白血球、アミノ酸で作られているために白いものとなります。

 

葉酸には血液を作るという大事な仕事がありますが、葉酸が不足すれば母乳から良い血液が赤ちゃんに届けられません。小さな赤ちゃんは栄養を母乳やミルクから摂取しなければいけませんから、葉酸を補充するために葉酸サプリは非常に大切な存在です。

 

また、血液が流れて栄養や水分が体に運ばれれば産後の疲れた体も元に戻りやすくなります。産後の肥立ちが良いか悪いかで、これから子育て生活がうまくいくかも変わってきます。自分のために、そして家族のために葉酸は必要なのです。

授乳中に葉酸の量が足りないとどうなる?

離乳食が始まるまでは赤ちゃんはすべての栄養を母乳やミルクから受け取っています。赤ちゃんは生まれてから瞬く間に大きくなりますが、それは細胞分裂が盛んに行われている証拠です。

 

赤ちゃんが健康に育つかどうかは、しっかり赤ちゃんが母乳やミルクから栄養を撮っているかにかかっています。葉酸が足りなくなれば赤ちゃんの成長が遅れてしまう危険もありますから、順調な生育を願って葉酸はしっかり摂取しておきましょう。

関連ページ

妊活中の男女に必要な量は?
妊娠してから栄養について考えれば良いとのんびり構えていてはいけません。妊活中も健康的な生活を贈って栄養もバランスよく取っていなければ健康な赤ちゃんを授かることはできません。葉酸についても妊娠中だけでなく妊活中から積極的に摂取することが必要です。
妊娠中に必要な時期と量は?
お腹の赤ちゃんが健康に生育するために必要とされているものが葉酸です。妊娠中は赤ちゃんのためにより多くの量が必要とされますので、葉酸サプリから摂取することが厚生労働省からも推奨されています。葉酸サプリを上手に利用して健康な赤ちゃんを生むよう努力しましょう。